インターネット初診受付
世田谷区のがん検診
患者の気持ち

看護師・検査技師・医療事務を
追加募集しております

一緒に楽しく働いていただける方、
当院までお問い合わせください。
半日勤務希望の方もどうぞ。

院内バリアフリー

車椅子やベビーカーでもご安心下さい。

当院で行う予防接種

当院では、以下のような予防接種を行っております。以下に記載のないものにつきましてもご相談下さい。
※接種スケジュールなどワクチンについては医師にご相談下さい。

世田谷区からの予防接種に関してのお知らせ

  • DT(ジフテリア・破傷風二種混合ワクチン 第2期)
  • 麻疹ワクチン(単独)
  • 風疹ワクチン(単独) 
  • 麻疹風疹混合ワクチン(MR)
  • おたふくかぜワクチン
  • 日本脳炎ワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
  • インフルエンザワクチン
  • A型肝炎ウイルスワクチン
  • B型肝炎ウイルスワクチン

【予防接種を受けることができない方】

  1. 明らかに熱のある方(通常は、37.5℃以上を指します)
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方。
    (急性の病気の経過が分からなくなる可能性があるため、その日の接種は見合わせるのが原則です)
  3. 今回受ける予定の予防接種に含まれる成分によって、アナフィラキシーを起こしたことが明らかな方。
    (アナフィラキシーとは、通常予防接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。発汗、顔が急にはれる、全身にひどい蕁麻疹がでる、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しい等の症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です)
  4. その他、医師が不適当な状態と判断した場合。
  5. ポリオ、麻疹、風疹の予防接種については、妊娠していることが明らかな方。
  6. 過去1ヶ月以内に麻疹、風疹、おたふく風邪、水痘、ポリオなどにかかったか、予防接種を受けた方。

【予防接種を受ける際、担当医とよく相談しなくてはならない方】

  1. 心臓病、腎臓病、肝臓や血液、その他 慢性の重篤な病気で治療を受けている方
    (免疫不全状態にある人。特に、重篤な心不全、呼吸不全、副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤を服用中の方、悪性腫瘍で、抗がん剤や放射線治療中の方)
  2. 過去の予防接種で、2日以内に発熱または全身の発疹などアレルギー症状を疑う症状の出現した方。
  3. 過去にけいれんの既往のある方。
  4. 過去に免疫不全または免疫異常を指摘されたことがある方。
  5. 接種しようとする予防接種の成分に アレルギーがあるといわれたことがある方。

予防接種の副反応について

注射部位が、赤くなったり、はれたり、痛んだりすることがありますが、通常2~3日のうちに治ります。
また、軽度の発熱やだるさ、寒気などがある場合もありますが、通常2~3日で治ります。
いずれにしても、気になる症状などがございましたら、ご遠慮なく医師や看護師にご相談下さい。

インフルエンザに関してのQ&A

当院では、接種状況に応じて、新しいワクチンを逐次ご用意しております。
今年は供給不安定が予想されておりますので、接種ご希望前日までにご予約をいただきますようお願いいたしております。
接種をご希望される方は、お電話にてご予約をお願いいたします。

Q ワクチン接種のタイミングは?

毎年12月中下旬からインフルエンザの流行が始まります。効果発現まで少なくとも2週間程度かかると考えられていますので、11月中旬から12月初旬までに接種されることをお勧めします。また、大切なご予定から2~4週間逆算して、接種時期をお決めいただくと良いでしょう。

Q 予防接種の回数は?

12歳までのお子さんは、2回接種が必要です。ワクチンによる免疫獲得力が弱いため、ブースター効果を最大限利用して免疫獲得力を強くします。そのためには、2回目の接種は4週間程度あけて行うのが望ましいと考えられています。

Q ワクチン間の接種間隔は?

インフルエンザワクチンの接種は、MRワクチン、おたふくかぜワクチン、水痘ワクチンなどの生ワクチン接種後は、あいだに27日以上あける必要があります。

インフルエンザワクチンは不活性化ワクチンですので、このあとほかのワクチン接種を接種する場合は、あいだ6日以上あければ問題ありません。

Q 妊娠中の予防接種は可能?

妊娠中あるいは妊娠の可能性のある方への接種の安全性も確認されています。ごく少量ですが、防腐剤としてチロメサールという有機水銀が含まれています。通常摂取する魚介類に含まれる量よりも微量であり、胎児への影響はないと考えられていますので、ご安心ください。

Q 微熱がある場合には接種は可能?

37.5℃以上の発熱がある方あるいは直近に体調を崩された方は接種を延期された方が良いでしょう。当院では1週間程度あけるようにお願いしております。

Q 予防接種はどうしてする必要があるの?

インフルエンザのワクチンの目的は大きく3つあります。

  1. インフルエンザ発症の阻止と発症時の重症化を防ぐ。
  2. 医療的弱者を守る。
  3. 耐性インフルエンザの流行を抑え、パンデミックのリスクを最小限にする。

1.は個々の健康を守ることを目的にしています。接客業で不特定多数の方と接する場合に感染を防ぐことや受験や海外旅行などで感染あるいは発症を未然に防ぐ場合、あるいはインフルエンザを発症すると重症化しやすい方を対象と接種などがこれに該当します。

2.は コミュニティーでの弱者を守るための予防接種にあたります。 インフルエンザを発症すると重症化しやすい方や介護を受けている方などが、身近におられる、あるいはそうした方々に接するお仕事をされている場合などがこれに該当します。

ワクチン接種を受けた方が良い方

  • 高齢者65歳以上の方
  • 乳幼児・妊婦さんがご家庭におられる方
  • 重症化しやすい疾患に罹っている方
  • 自宅での介護をされている方
  • 不特定多数の方と接するお仕事の方
  • 受験や海外旅行を控えている方

心臓疾患、呼吸器疾患、腎臓疾患などで治療中の方や高齢者あるいは自宅介護を受けておられる方 抗がん治療や免疫を抑える治療を受けておられる方は、インフルエンザに感染した場合、肺炎を合併し重症化しやすくなります。

3.は社会全体でのインフルエンザ流行を抑えることを目的にしています。抗インフルエンザ薬を社会全体で使用していくと、やがて耐性ウイルスが出現します。ワクチン接種によりそのリスクを最小化する必要があります。毎年これまでの流行株が綿密に検討され、世界共通のワクチンが製造されています。ワクチンにはこれまでのウイルスの小さな変異に対しても、症状を緩和する作用が期待できます。また、新型インフルエンザが登場した場合、ワクチンだけでパンデミック(世界規模の大流行)には対処できませんが、皆さんひとりひとりのワクチン接種によって毎年の小さな変異したウイルスの広がりを抑えることで、間接的にパンデミックを引き起こすリスクを減らすと考えられています。

より多くの方が、適切なタイミングで、インフルエンザのワクチン接種をお受けいただき、楽しい年末年始をお過ごしいただけますように

クリニック概要

内科・循環器内科
呼吸器内科・糖尿病内科・アレルギー科

電話
03-6453-2707
所在地
〒154-0002
世田谷区下馬2-44-7 エクセルコート下馬1F
最寄駅 三軒茶屋駅 徒歩9分(東急田園都市線・東急世田谷線)
池尻大橋駅 徒歩10分(東急田園都市線)
※駅からの道順は、アクセスページに詳しく掲載しております。
こちらから⇒アクセスページ
バスのご利用 自衛隊中央病院入口バス停
下車すぐ
※バスをご利用の方には、アクセスページに路線図・時刻表を掲載しております。
こちらから⇒アクセスページ
科目
内科・循環器内科
呼吸器内科・糖尿病内科・アレルギー科
高血圧外来・胸痛外来・不整脈外来(動悸外来)
心不全外来(息切れ外来)・ペースメーカー外来
心エコー外来・咳外来
診療時間
9:00~12:30
(8:45~12:15)
9:00~13:00
(9:00~13:00)
14:30~18:00
(14:30~18:00)
4/30以降の診療時間(受付時間)は
9:00~13:00(8:45~13:00)

※( )は診療受付時間
休診日:水・日・祝日